趣味のない生活は無気力。

好きなものを残酷なまでに好きでいたいと思うが故にやかましい記事ばかりだなと思う今日この頃。(Twitter→shiogi2113&ewan3112)

【貞子】映像の進化は恐怖を和らげる。

はいどーもー!

結局どなたにも連れ添っていただけなかった、というか連れ添っていただくのも申し訳ないので、貞子ソロ参戦をキメたしおぎです(´・ω・`)

(ホラーの猛者と呼んで)

 

家で観る気にはならないので、

映画館を逃すと一生観ないことになる。

せっかくの中田監督の作品なので、

絶対に観なければ!

という謎の使命感に駆られました。

f:id:Ewan31:20190628234240j:image

 

貞子の故郷である伊豆大島が舞台の1つにもなっており、

貞子の生まれ変わりとされる少女と

リング2で登場した"倉橋雅美"を担当する女医、

そしてその弟(YouTuber)が絡んだお話だった。

 

そもそも"貞子"を扱うのは角川ホラー文庫で、

今年の"貞子"はミステリー色が強い。

とはいえ怖いことには変わりなく、

予告でもメインに扱われていた、背後に貞子が立ってるシーンはもちろん夜中の病院は発狂寸前。

耐えた自分を褒めたい。

 

*****

 

前回は海外の貞子、

サマラちゃんの話を書いた。

(めっちゃ可愛いのでファンです)

日本の貞子も、供養しても終わらない。

それだけ呪いは強く、貞子自身止めることもできない(日本の貞子は喋らないので真意は不明)

今回は"人を連れ去る理由"にも少し触れられており、

伏線回収の仕方も抜群だった。

 

そして観終わったあとは

"一生終わらない(/;ω;\)"

と頭を抱えたくなったし、

ホラーにありがちなハッピーエンドは

貞子には通用しないと痛感。

ちなみに、原作の方も衝撃的な終わり方してるんだけど

映画と原作はほとんど別物です(´・ω・`)

 

*****

 

映像の進化は恐怖を和らげる。

レトロな映像を目にする機会も減ったので、

たまに出る昔の映像は時代を感じさせる。

ネタバレにはなるけれど、

貞子ではリング2の映像が少し使われており、

"ああ、やっぱり昔の貞子はより不気味だよなぁ"

と密かに震えていた。

合成感丸出しだけど、怖さは格段に上。

今だからこそ言えることでもあるけれど、

現在の技術は進化し過ぎているので

ホラーとしては劣化していると感じたが、

最近の貞子の中では1番面白かったかな。

二度と観ませんけどね!

 

 

おしまい。

 

『ごめんなさい。永遠に続くの』

はいどうも、ホラー映画は家で観たくないので

誰かを道連れにするしおぎです。

 

去年の冬、"来る"をCC2ファンのお姐さんと

別日に面白上司に付き合って頂いたのだが、

ジャパニーズホラーの金字塔である"貞子"に

付き合ってもらうのは流石に申し訳ない気持ちになる。

 

そもそも貞子3D以降の作品を観ていないので、

リハビリ感覚で海外のザ・リング/リバースを視聴。

海外のリングはサマラ(貞子)の生涯を迫っていく内容なので、サマラは最初と最後に

(˙꒳˙)/ばっ

って出てきて終わり(※ザ・リング2は頻繁に出る)

そもそもザ・リングのジャンルは

"スリラー/ミステリー"だった。

リバースではザ・リングの映像も使われ

可愛いサマラちゃん(幼少期)も登場し、

f:id:Ewan31:20190517155102j:image

なんと"呪いのビデオ"も健在である。

もうビデオもビデオデッキもブラウン管テレビも姿を消したから、日本の貞子はスマホ液晶テレビから這い出でくるというのに。

 

*****

 

一応続編として描かれているはずなのに、

ザ・リングザ・リング2と違う所が見当たらない。

何なら過去2作を1本にまとめました感すらある。

"原点回帰"という意味でのリバースなのか?

などと考えながら物語は終盤へ。

 

主人公ジュリアの掌に"点字"が刻まれていて、ジュリアが風呂に入ってる間に彼氏が翻訳していたらパソコンが突然暴走し、呪いのビデオのコピーを送信しまくるというおぞましい現象が起こり(リングあるあるでケーブルを切っても無駄)、翻訳画面に戻ると"rebirth"(復活)の文字が。

そして、幼少期のサマラちゃんが登場し、

サマラ『ごめんなさい、永遠に続くの』

という一言で幕を閉じる。

 

*****

 

しおぎ『復活だったわ』

ビデオ→データに変わっており"歳月をかけて悪霊が進化する"のは"リング"だけではないだろうか。

呪いのビデオが入った曰く付きのビデオデッキを買った大学教授が生き延びた理由の酷さと、

当然の報いのような最期はショッキング映像である。

 

続いて、聖飢魔II様が良い仕事をしているでお馴染みの貞子vs伽椰子に移る。

 

開始5分で10分の休憩が必要になった。

(iPhoneを吹っ飛ばした模様)

これは観終わるまで大変時間がかかる(´・ω・`)


f:id:Ewan31:20190519211235j:image

f:id:Ewan31:20190519211228p:image

おちゃめだが、

間違いなくホラー界日本代表である。

 

おしまい。

【金田一一と工藤新一】どちらと付き合いたい?

「俺は殺人犯の動機が薄い事に文句をつける

ミステリーマニア兼サイコパス(自称)はぎはらしおぎ。

動画配信サービスHuluで『名探偵コナン』(約850話)を10回以上ループし、

生きていく上で殺人事件に関わらない(観ない)日のない自分に危機感を覚えながら眠りにつき、

翌朝目が覚めると、動画配信サービスNetflix

無意識に『金田一少年の事件簿』を観始めていた。

サイコパスという正体を隠すことにした俺は、

"金田一一と工藤新一、

付き合うならどちらが良いか"

という検証を始める。

奴らの情報を詳しく掴む為、

再び動画配信サービスの世界に転がり込んだ俺は、

一、新一両者共に頭はキレるが性格や境遇は随分違う事に気付くーーー」

 

金田一一と工藤新一

f:id:Ewan31:20190516010954j:image

冒頭の茶番は記憶から抹消してほしい。

伝わっていれば良いけれど、

名探偵コナンの冒頭の紹介部分をオマージュしてみた。

 

しおぎは「高遠遙一」もしくは「明智健悟

そして「赤井秀一」が良い。

*****

金田一とコナンでは事件の性質がかなり違う。

金田一では昼ドラのようにドロドロした話、

そして復讐がメインで、殺されても仕方のない(言い方)ような胸糞悪い事件が多いのでメンタルに来るが、

コナンに胸糞悪い話はそこまでない。

 

そして、一応同級生である一と新一の違いは

一のスケベ丸出しと新一のムッツリさ。

(もっと他にあるだろ)

 

一は犯人が逮捕された後は遺品を渡したり、後からわかった事実を知らせるために拘置所を訪れてまでアフターケアをしているのだが、

新一は逮捕したら終わり(そもそも事件の数が多すぎる)なので、一ちゃんなんて良いやつなんだとジーンと来ることもしばしば。

そして、新一は事件解決のためなら何でも(不法入国、スケボーで車道を走行、モーターボート、ヘリの操縦、拳銃発砲等)やるが、

一が犯した犯罪と言えば、飲酒や喫煙、下着泥棒(立派な犯罪)くらいだろう。

なんてリアルなんだ。

 

一と新一の家柄は随分違うが、

一の方が庶民向きだろうか。

新一の家が大きすぎて掃除できそうにない。

 

そして、幼馴染への想いは

両者共に引けを取らないほど一途だ。

一「みゆきー!」

新一「らーーーーーん!」

...の回数を誰か数えて欲しい。

新一に関してはもはやネタレベルだが、

それもまた話数の多さから言って仕方がない。

 

この辺まで書いて冷静になったが、

どっちと付き合っても殺人事件に巻き込まれるので御免こうむりたい。

 

真実は、いつも残酷!

 

おしまい。

 

 

名探偵コナン コミック 1-95巻セット

名探偵コナン コミック 1-95巻セット

 

 

 

"撃ち込んだ音 嫌いですか?"

"青空が哀しく澄み渡り
その向こう側ではお変わりないですか?"

 

訃報を見て別人であることを祈ったが、

やはりよく知るwowakaさんだった。

(そもそも同名居ないよね...)

 

"ああ、それは遠くなった"

"伝えたいこと見当たらない"

 

*****

 

ボーカロイドが好きならば、

誰もがやり込む"Project DIVA"

しおぎはPSPから、集大成であるPS4のDIVAまで全てやっている。

数多くの曲の中でも、

"アンハッピーリフレイン"はフルコンボを出すまで

"何度の時間を棒に降った"

ローリンガールPSPの〇ボタンがイカれるまで

"もう一回!"とやりこんだ。

裏表ラバーズとワールズエンド・ダンスホールが実装された時は飛び上がるほど嬉しかったことを昨日の事のように覚えているし、青春でした

("大好きって言いたいだけ")

 

何度聴いても飽きの来ない中毒ソングの王様、

wowakaさんの"撃ち込んだ音"が

しおぎは好きだし"まだまだ忘れないわ"

 

*****

 

胸が張り裂ける想いでDIVAに収録されている曲を一通りプレイ。どれも名曲。

f:id:Ewan31:20190408230425j:image

f:id:Ewan31:20190408230429j:image

(PSP.VITAで慣れているのでPS4やたらと難しく感じる)

 

忘れず聴き続けることがの何よりの供養だが、

現実を受け入れるまでは聴けそうにない。

(BOOM BOOM SATELLITES、未だに聴けてない)

 

"さよなら、お元気で"

 

引用曲

アンハッピーリフレイン

ローリンガール

テノヒラ

日常と地球の額縁

僕のサイノウ

リバシブルドール

ワールズエンド・ダンスホール

 

↓こちらのアルバムで全て聴けますのでどうぞ。

 

 

おしまい。

【週刊少年松山洋】第157号『ゲーム業界志望者の不合格理由一覧』の感想とか。

お望みとあらば料理しまっせ( •̀ω•́ )✧

(というよりは、記事を読んでとてもイライラしたので書きたくなった。こういうのは勢いが大事です(´・ω・`))

 

今回のネタはこちら!

“どうすればゲーム会社に入れますか?”

“どういう人物像が求められますか?”

“面接の時に重要視されることはなんですか?”

これらはゲーム業界を志望する若者によく聞かれる質問群です。

こういった質問を受けるたびにその都度“こうしたらいい”というアドバイスをするようにしてきたのですが、最近はちょっと考え方が変わりました。

“こうしたらいい”

こういうアドバイスは実は時代と共に細かく変化していくものです。

というか、それ以前にですね、うん、そう、志望者のほとんどが“それ以前の問題”を抱えていることの方があまりにも多いのです。

“こうしたらいい”はそもそも“こうしたほうが(もっと)いい”という意味も含まれていて、そういう人は既に“合格のレール”にある程度乗っている人でもあるのです。

 

〜中略〜

 

100人のゲーム業界志望者がいたとしてゲーム会社に入社できる数は1人~3人ということになります。

実に97%以上の人が不合格になっているということです。

“最近考えが変わってきた”というのはこの“97%の不合格者”の方をなんとかしなければならないのではないか?ということを考え始めているという意味です。

あまりにも多すぎませんか?不合格者。

なんでこんなにも合格できないのでしょう?

目指す人は多いのに。

それは(ズバリ言いますが)志望者の多くがあまりにも的外れで論外すぎる人だらけだからです。

引用できるのはこの辺りまでかな。引用と言うより転載に近いけれども、ネタバレはしてないから許して(てへぴろ)

 

どの辺が論外なのかはご自分の目で確かめて頂きたいのですが、あまりにも論外すぎて目が点になりました。

そして、noteのコメント欄に、

 

『これマジで言ってる?これが今のゲーム業界を目指す若者?やる気無さすぎだろ???そりゃ2-3人しか受からなくて当たり前で、私が面接官なら"一昨日来やがれ"って追い返してるレベル。』

 

ってコメントしようとして辞めました。

読んだ人皆さん私みたいな感想を抱いたはずだからね!(きっと)

 

一応私もゲーム業界を志していた者として顔を覆いたくなるし、マジでこんな学生は門前払いしていいと思う。それくらい酷いし、面接官の方々の心中お察し致したくなるよ!!

 

この記事は今後のゲーム業界のために無料公開にした方がいいとさえ思う。

そして、ぴろしがこのどうしようもない現状を何とかしてくれると信じている。

 

ところで、"この記事は課金する価値あり"というツイートを拝見したのですが、noteって"課金"なの?まあ、うん。課金だけどさ。言い方!と思ってしまった。もちろん深い意味はないんだろうけれども。その表現だとしおぎのnote課金する価値なしだから!!(笑)

(何にお金を使うかは人それぞれです)

(ちゃっかり宣伝)

 

 

おしまい。

ブログの更新が滞ると"地雷"があがってくるのはどうしてだい?

はい、どーもー!

2019年に入ってから低更新なしおぎです。

f:id:Ewan31:20190322222419j:image

noteとはてなブログ

過去の記事でちょろっと触れていたけれど、

noteを始めました(´・ω・`)

"大人病"|しおぎ|note

"警鐘"|しおぎ|note

"I・N・M"|しおぎ|note

"共鳴"|しおぎ|note

"Beat it Love!"|しおぎ|note

"僕の見たビートルズはTVの中"|しおぎ|note

"ラストワン"|しおぎ|note

"日常ホライズン"|しおぎ|note

"月へ行くつもりじゃなかった"|しおぎ|note

"君はアレ"|しおぎ|note

"いちご売れ"|しおぎ|note

"だけじゃないBABY"|しおぎ|note

"ぼくらの七日間恋愛"|しおぎ|note

"PAN!"|しおぎ|note

"傷だらけのマリア"|しおぎ|note

"ろで夫だけの歌"|しおぎ|note

"Pierrot Dancin'"|しおぎ|note

"Aurora"|しおぎ|note

"少女元年"|しおぎ|note

"Blue Pandora Box"|しおぎ|note

"進化と堕落の二元論"|しおぎ|note

 

"大人病"意外は2月末からなので、約1ヶ月程でこの量である。なんとなく記事のタイトルで察せるかとも思うが、noteは自分自身と向き合うことを前提(一応)に"曲紹介"をしている。

 

このブログで例えるならば、新年一発目の"大破壊交響楽"のような記事をnoteで書き始めたと思ってもらえれば良い。

(あ、遂にアーバンギャルドのFC、前衛都市学園に入学しました)

 

そして"詞の読書感想文"と称し、好きな曲の詞を真剣に考察するという誰得の企画も始めた("生まれてみたい"が書きたかっただけだろ)

 

さらにこれらの記事は、新しい挑戦という名の日記で、しかも有料記事。有料の日記とは?!と誰よりもしおぎがツッコミを入れているけれど、需要がある(謎)ので、今の所続けていると同時にブログの更新が滞り、最大の"地雷"記事が注目記事に上がってきているのを見ると焦りを覚えてはてブロに戻ってくる。

どうか鎮まってくれ。

 

追記:毎度お馴染みぴろしのおかげでモチベの話があがってきてた。戦慄迷宮も度々あがってくるけど、怖いもの見たさかな?

f:id:Ewan31:20190322222450j:image

 

面白いネタは転がっていないかと日々色々チェックはしているのだけれど、しおぎが1番投資しているのは"音楽"ということも自覚した。

 

ハンターハンターの話は一度思いっきりしたいよね。

よし、そうしよう(来月までお待ちください)

 

おしまい。

 

【東野圭吾】マスカレードホテル

しおぎは東野圭吾信者です!

【マスカレード・ホテル】観てきました。

f:id:Ewan31:20190131225916j:image

2時間程度で東野作品の良さが伝えられると思ったら大間違いだ。

いや、ガリレオ映画2作は"面白い"に入るので

作り手の問題とも考えられる。

 

大体は無理やりまとめてしまっているので、

東野作品は"映画向きではない"

 

昨年公開された"祈りの幕が下りる時"、

"ラプラスの魔女"、"人魚の眠る家"

これらの上映時間は大体が120分。

 

今回のマスカレードホテルは133分。

他作品よりは少しだけ長めに作ってあるが、

正直、短くてよかった。

 

これより先、例の如くネタバレをしますが

珍しく犯人は書いておりません。

推測できる内容にはなっているので、

ネタバレ回避したい方は、ここで閉じてください。

 

 

①ポスターにネタバレを含んでいる。

〇〇さんはいつでてくるんだ?

と、考えていたら物語終盤になって、

ここまで出てこないなら犯人じゃん。

ってわかるだろ、あれじゃ...(´・ω・`)

逆にさんまさんが全くわからなかった(笑)

ミステリ好きとして自分なりに推理もしたい。

怪しい人がそのまま犯人というオチは、

残念極まりない。

 

東野先生の作品はサスペンス寄りのミステリー

なので仕方ないといえばそれまで。

やはりつくり手の問題か...🤔

 

②全員容疑者というキャッチコピー。

f:id:Ewan31:20190131233919p:image

"全員、容疑者"というのなら、

ヒロインである"山岸"も容疑者の可能性を持たせるべきだった。

ぺらぺらと情報を流す新田(木村)をみながら、

山岸(長澤)が犯人だったら面白いなあ。

と思っていた矢先、

 

"あんたは犯人じゃない"

 

しおぎ:(゜д゜)?いや、いやいや。

 

"あんたを信用して話したんだ"

 

しおぎ:( ゚д゚)?"全員、容疑者"とは?

 

刑事が人を疑う仕事ならば、最後まで疑うべきだった。

真っ白すぎるくらいホテルマンは全員シロ。

一瞬で冷めちまったわ〜(笑)

そもそも、そんなにホテルマンがでてこないし

この辺が犯人だったら動悸が薄いので序盤から除外。

警察関係者の渡部篤郎さんの方がよっぽど怪しいw

(今回もかっこよかったです、ありがとうございました)

おっさんホイホイ

 

③皮肉を大真面目に捉えている新田。

"このホテルは良いホテルですね"

と"お客様"に褒められるシーンがあるのだが

観終わって考えれば、

この言葉にはかなりの皮肉が込められていたと思う。

新田はその皮肉を素直に"褒め言葉"として受け止めている。

 

しおぎがひねくれているのかもしれないが、

あの"褒め言葉"は完全に皮肉だろ...(´・ω・`)

〇〇さんハマり役だったなぁ。

 

③犯人は、殺害する人物しかみていない。

生瀬さんがキムタクのことしかみていないように、

犯人も〇〇の事しか見ていない。

違和感でしかなかった。

 

東野圭吾は映画ではなく連続ドラマ向き。

なんとも言えない気分で劇場を後にすることとなったが、

最後の仮面舞踏会の場面はよく出来ていた。

 

面白くないわけではないが非常に残念だった。

(という表現を最近よく使ってしまいがち)

 

おしまい。