趣味のない生活は 無 気 力。

好きなものを残酷なまでに好きでいたいと思う今日この頃。 松山洋(CC2)信者。 FF14/テイルズ/ガンダム/西尾維新/BUMP OF CHICKEN/GRANRODEO/米津玄師/アーバンギャルド/BOOM BOOM SATELLITES/小野坂昌也(嫁)/小西克幸/谷山紀章/池田秀一/森川智之/ユアン・マクレガー/オスカー・アイザック/読売巨人軍/(Twitter→shiogi2113)

テイルズの現状に嘆いてる話。

何故か「テイルズの悪口はそこまでだ」

がよく読まれていたので下書きに戻しました(笑)

テイルズというより、

「馬場ちゃんの悪口はそこまでだ」

と付けた方が正しかった。

 

代わりにと言ってはなんだけど

E3で発表されたヴェスペリアリマスターと

テイルズオブフェスティバルで発表された

新作について語ろうと思う。

 

"リマスター"と"新作"

テイルズは終わったと

自分に言い続けること2年。

 

そんな中、E32018で発表されたのは

テイルズオブヴェスペリアリマスター」

 

コレだけでした。

リマスターが悪いというわけではなく

そこで得た利益が新作に繋がるのであれば

万々歳で

リマスターであれ初めて触る人にとっては

"新作"であることには変わらないと言われ

確かにそうだなと思いました。

 

10年経っても愛され続けている

タイトルだからこそリマスターが出せて

人気の鳥海さんと宮野さんが出ているので

触ったことがない人も

これを機に触れてもらえるのであれば

長年テイルズを推し続けているしおぎにとって

どんな形であっても嬉しいことには違いない。

 

新作も開発中とのことで

今までのテイルズの流れを踏まえると

発表から発売まで"1年弱"かかる。

タイトルすら出せない状況ならば

今年はもう新作について触れられることはない。

出せてもタイトルと主人公くらい。

 

その新作が25周年タイトルになると踏まえて

2019年に様々な情報解禁、2020年発売。

としか考えられない。

 

近年のテイルズのスマホゲームを見ていれば

バンナムは何も学習していない。

既に嫌気がさしているのだが、やめはしない。

これで25周年も同じような

燃え方をするのであれば擁護する気は微塵も無く

バンナムに関しては既に擁護してないわ。

ベルセリアがテイルズの集大成。

としてテイルズに見切りをつける所存である。

 

やはり馬場ちゃんが居なくなった穴は大きかったらしいが

未だに叩かれてるのはおかしいと思う。

退社したのだからそっとしてあげてくれ。

ヒロイン問題がどうとか、キャラの扱いが酷いとか

そんなのは今に始まったことじゃないでしょ。

しおぎはゼロスの扱いが酷すぎると

ずっと言っているんだ(笑)

良くも悪くもネットの普及によって

大きく問題になっただけ。

それに悪いのは馬場ちゃんではない。

 

リマスターも新作も信者として買うが

これ以上、

信者を失望させるような

やり方はやめていただきたい。

というのが、こじらせたテイルズ信者の思いです。

好きって残酷だなぁ(笑)

 

おしまい。